EXHIBITIONS

FROM BUENO!BOOKS COLLECTION

FROM BUENO!BOOKS COLLECTION
FROM BUENO!BOOKS COLLECTION


2010.8.5 (thu) – 2010.9.3 (fri)

FROM BUENO!BOOKS COLLECTION

Taiji Matsuda / Taisuke Yokoyama

SLOPE GALLERY

SLOPE GALLERY [Map]
2-9-1-B1 Sendagaya, Shibuya-ku, Tokyo
Tel : 03-3405-0604
Open : 13:00〜19:00
Closed : Saturday / Sunday / Holiday
8月のSLOPE GALLERYはブエノブックスのコレクションから2人のアーティストの作品をご紹介します。
油絵具の独特なタッチと画風でほのぼのとした種子島の魅力を描くOBANこと松田大児と、日本のサーフシーンにおいてかかせない存在であり、サーファーやミュージシャン等、数多くのポートレートを撮り続ける横山泰介の作品を展示します。是非ご覧ください。


ARTIST PROFILE

松田 大児 Taiji Matsuda

1957年奈良生まれ。18歳でサーフィンを30歳で俳句と出会い、表現者としての道を歩み始める。現在は画家、俳人として活動する。種子島に移り住み、墨、岩彩や油絵の具を使った素朴で暖かみのある作品を制作。国内各地のギャラリーで個展を開催し作品を発表している。近年ではパタゴニアやキリンでその作品が商品化され、各界から注目を集めている。また、種子島で100年続けられるビーチクリーニングを展開中。04年に作品集『ALOHA JOURNEY』を発表。


横山 泰介 Taisuke Yokoyama

1948年東京生まれ。70年代、学生時代に撮った稲村ガ崎の写真がきっかけとなり写真家となる。以降、ライフスタイルでもあるサーフィンをテーマに、主にポートレートを撮り続け、03年には写真集『surfers』を発表している。また、サーファーのみならず、ミュージシャンやアーティスト、ハリウッドスターまで、これまで数多くの有名人を写真に収めてきた。最近では俳優の坂口憲二の写真集を手がける。