SLOPE GALLERY

<Exhibition>

Slope Gallery has moved.

移転しました。

new address:

Jingumae 2-4-11 Shibuya-ku Tokyo

11/25 (Fri) - 12/16 (Fri)
 

ADD THIS TO YOUR STORY

​Masaya Eguchi

江口暢彌はこの4年間バルセロナに暮らしながらイギリスやフランス、ハンガリーなどヨーロッパ各地で活躍をしています。

 

燦々と降り注ぐ太陽の光、のびやかな風土に溶け込んだ江口氏がバルセロナのアトリエで制作した作品をこの度、スロープギャラリーで展示いたします。

本展のテーマは数字。

プライベートな空間や公の場所でも数字は私たちに大切なことを伝えてくれています。好きな数字、大切にしている数字がある方もいるでしょう。

江口氏が作品一つ一つに取り上げた数字は作品の上でさまざまな見え方をしています。そこには数字の竹を割ったようなクリアさと、その解釈はけして一つではないと諭されるような奥深さも。木板やキャンバスの作品に納まった数字たちは、codeであったりメッセージであったり、何かしらの意味を見る側に発しています。

ぜひギャラリーで数字が語りかけるような美しいアートピースの魅力に出会ってください。

江口氏のバルセロナでの展示を見ると日本的な和を感じ、日本で作品を見ると、使用している硬くつるんとした木材のせいか、独特の色使いのせいか、ヨーロッパらしさを感じます。その不思議なバランスもまたこのアーティストの魅力です。

7_eguchi.jpg

In seventh heaven 100×100×48mm      

(mineral pigments, pigments, resin, linen, wood, etc.)

Masaya Eguchi 江口暢彌

1970年、三重県生まれ。

日本とヨーロッパを中心に数々の個展とグループ展を開催している。

作品は多くの商業施設で所蔵されており、国内ではハレクラニ沖縄, ホテルインターゲート京都四条新町, モルガン・スタンレージャパン, 野村不動産,  パークタワー晴海,, シェラトン都ホテル東京、第一生命情報システム株式会社がある。

※本展覧会は日本での展覧会の一部を巡回展として催すものです。

Closed on Sunday & Monday

  • Facebook
  • Instagram

COMING UP

​久保田 潤 JUN KUBOTA

12/20 (Tue) - 1/27 (Fri)
 

​散歩の途中

ネットを見ていると世界はひと時も落ち着いていないけれど、散歩に出るとそうでもない。

歩いていると、とりとめのない考えが浮かんできて、今回の展示はそんな感じ。 (久保田 潤)

森の入り口.jpg

久保田 潤 東京生まれ。鎌倉在住。

東京藝術大学美術学部デザイン科卒業後、広告代理店に勤務の後、画業に転向。

2017年『なみにのる』(Bueno!Booksより発売中)