SLOPE GALLERY

<Exhibition>

<プロフィール>

叢(くさむら)

“いい顔してる植物”をコンセプトに、独自の美しさを提案する植物屋。店主が日本中を旅して集めた個性あふれる植物を、その個体の特徴を引き出す器とあわせて提案する。店名は、店主が植物を見つける場所を叢と呼んでいたことから、普通に人にとってはただの草の群がりに見える場所に、個性ある美しさが眠っていることがある。『Qusamura』の“Q”は、「Question」からとったもの。個性的な叢の植物たちに出会ったとき「これ、なに?」と、はじめに不思議を感じ、「?」から叢の世界観に入ってほしいという願いを込めている。

http://qusamura.com/#home

小田康平(おだ・こうへい/叢・店主)

1976年広島生まれ。世界中を旅する暮らしをしていた20代の頃、旅先で訪れたパリで、フラワーアーティストがセレクトショップの空間演出を手がける様子に感動。帰国後、生花と観葉植物による空間デザインに取り組むようになる。数年が経ち、画一的な花や植物での表現に限界を感じ始めていた頃、ある世界的アートコレクターに出会い、納品後に傷ついた植物を見て発した彼の一言「闘う植物は美しい」に衝撃を受ける。以来、植物選びの基準を、整った美しさから、『いい顔』をしているかどうかに変える。独自の視点で植物を捉え、美しさを見出した一点物の植物を扱うことを決心し、2012年、独自の美しさを提案する植物屋『叢 - Qusamura』を地元・広島にオープン。その後、エルメスのショーウィンドウや東京を中心としたアートフェアなどへの空間演出をはじめ、様々な場所で多岐にわたる表現を行っていく。2019年、東京(新代田)に2号店をオープン。注目度の高い植物屋の一つ(一人)である。

序章としての小さな展覧会

 叢 展 “右脳へのアプローチ、左脳へのアプローチ“

 

2020.8.7(FRI)〜 8.29(SAT)

13:00〜19:00  CLOSED:SUN・MON

“いい顔してる植物”をコンセプトに独自の美しさを提案する植物屋・叢(くさむら)。昨年、東京(新代田)にオープンした<Qusamura Tokyo>の1周年を記念する展覧会「叢 展 “右脳へのアプローチ、左脳へのアプローチ“」が、COVID-19感染拡大の影響により社会活動の自粛を余儀なくされている現状を考慮し、当初<Qusamura Tokyo>と <SLOPE GALLERY>の2会場で予定していた開催を、残念ながら来年以降に延期することになりました。

一方で、自宅で過ごす時間が多くなっているこの機会に、植物の素晴らしさを感じながら植物との時間を少しでも楽しんでいただくために、本展の序章としての小さな展覧会を<SLOPE GALLERY>にて開催する運びとなりました。

本展では、叢が考える『右脳=インスピレーション』と『左脳=ロジック』をテーマに厳選された植物たちを展示、販売します。叢が挑戦するこの相反するアプローチによって、植物の鑑賞に果たして違いが生まれるのでしょうか。叢の植物たちの個性をどうぞお楽しみください。

 

*COVID-19感染拡大防止のため、本展会場にはお一人様のみご入場いただけます。お二人目以降のお客様は、会場外でお待ちいただくかたちとなります。尚、会期中に本展が中止となる可能性もございますので、予めご了承ください。

みなさまのご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

<ライブ配信・トークショーのお知らせ>

日時:8月7日(金)19:00〜20:00

配信URL: https://youtu.be/003o6uSmJ1s

ゲスト:小田康平(叢・店主)、藤木洋介(キュレーター)

 

<イベント情報はHP・SNSをご確認ください>
Instagram:@qusamura_official(https://www.instagram.com/qusamura_official/?hl=ja

@liveartbooks(https://www.instagram.com/liveartbooks/?hl=ja

Twitter: https://twitter.com/LIVEARTBOOKS1

FaceBook: https://www.facebook.com/LIVEARTBOOKS/

LIVE ART BOOKS HP: https://www.live-art-books.jp

 

 

​終了しました

2020.6.29(MON)〜 7.29(WED)13:00〜19:00 <CLOSED:SAT・SUN>

<LIVE HOUSE LIST>

Shimokitazawa SHELTER、SHINJUKU LOFT、LIVE HOUSE FEVER、U.F.O CLUB、shimokitazawa THREE、

MINAMI IKEBUKURO MUSIC. ORG、Higashi-Koenji 20000 Den-Atsu、BUSH BASH、CROCODILE、LIVEHOUSE WALL、

Soup、EARTHDOM、WWW、shimokitazawa YANEURA、MURYOKUMUZENJI、UGUISUDANI WHAT’S UP、CLUB251、

MOON STEP、Nishi-Ogikubo Pit Bar、Nishi-Yokohama EL PUENTE、OTSUKA MEETS、YOKOSUKA PUMPKIN、ANTIKNOCK、

ACB HALL、F.A.D YOKOHAMA、SHIBUYA CHELSEA HOTEL、CLUB Que、SHIBUYA CYCLONE、Zher the ZOO YOYOGI、

STATTO、SHIBUYA LUSH、KOENJI HIGH

 

会期中、本展会場とブエノブックスオンラインショップにて、チャリティ用の缶バッジ付写真集(3,000円/税別)を販売します。

発行:Kesa Publishing(2018年)/ URL:https://kesapublishing.stores.jp

限定エディションのオリジナルプリントの販売もございます。

Bueno!BooksOnline Shopへはこちらから>>>

 

<プロフィール>

大和田良(おおわだ・りょう)/ 写真家

1978年仙台市生まれ。東京工芸大学芸術学部写真学科卒業、同大学院メディアアート専攻修了。2005年、スイスエリゼ美術館による「ReGeneration. 50 Photographers ofTomorrow」に選出され、以降国内外で作品を多数発表。2011年日本写真協会新人賞受賞。著書に『prism』(青幻舎)、『叢本草』(kesa publishing)、『五百羅漢』(天恩山五百羅漢寺)等。東京工芸大学芸術学部非常勤講師。http://www.ryoohwada.com

<Announcement>

​BUD BROWNE

-the father of the surf film-

​サーフィン映画の父 バド・ブラウン

4月16日〜4月28日の日程で開催を予定をしていましたバド・ブラウンの上映会、写真展は、新型コロナの影響で中止となりました。

今後時期を改めて開催する予定です。

SLOPE GALLERYではバド・ブラウンとその作品を紹介するサイトを公開しました。いま皆さまがいらっしゃる場所で、サーフィン映画界のレジェンド、バド・ブラウンの世界を少しでも味わっていただければ幸いです。

https://www.buenobooks.com/bud-browne

 

ブエノブックスのサイトのメニューバーにあるTOPICのページからもお入りになれます。

© 2020 Bueno!Books

2-9-1 Sendagaya Shibuyaku Tokyo 151 0051 日本

    ​info@buenobooks.com